Free Space Checker


 

指定したドライブの、呼び出し側が利用できるバイト数(空き)、ディスク全体の空きバイト数(割当残)、ディスク全体のバイト数(割当計)を表示します。

ドライブは、10個まで指定できます。ネットワーク・ドライブも指定できます。


起動時はタスクバーの通知領域にほうきのアイコンで表示されます。アイコンを左のボタンでクリックするとウィンドウを表示します。アイコンを右のボタンでクリックするとメニューを表示します。メニューでは、「10分おきに自動更新する」設定ができます。

空きがあらかじめ指定しておいた値(警告)を下回ると、表示が薄黄色から薄赤色に変わり、同時に通知領域のアイコンが警告の表示に変わります。警告の値は、ウィンドウが表示されている状態で[F8]を押すと入力できるようになります。

 

以前、VB6で作成したバージョンを公開していました。設定ファイルの引き継ぎはできません。ご容赦ください。



20160212_FSCheck.zip

自身の権限がおよぶフォルダに展開してお使いください。
コピー定義や設定ファイルは、個人別フォルダの「\AppData\Local\Egota DP\Free Space Checker」に作成します。
レジストリを更新することはありません。


ソフトウェア
EgotaDP HomePage